手遅れになる前に外壁塗装で保護

築後10年の外壁塗装が安心です

住まいの外装は常日頃目にしてますので、意外と汚れや傷みに慣れてしまい、気が付いた時に良く見てみると外装材の劣化が随分と進んでいる事は良くある事です。一般的には窯業サイディングを外装に使用している建物が殆どだと思いますが、この素材は早ければ7~8年程で表面の塗膜が劣化し、その劣化部分が拡大して気がついた時にはかなり傷みが進んでしまっていると言う事もしばしばございます。外装材も呼吸をしながら夏の暑さや冬の寒さ、時には台風やゲリラ豪雨などに耐えて頑張っているのです。
そんな外装材のSOSを見逃してはいけません、放置する事で外装の寿命がどんどん早まってしまい、最悪は全面張替えを余儀なくされます。そうなりますと外装リフォームの予算も高額になってしまいますので、可能な限り早い段階で外壁塗装をして外装材を保護してあげましょう。
まずは中川区の塗装業者さんに相談をして現状を見ていただきアドバイスしてもらいましょう。勿論2~3社の業者さんにお願いして、対応の良さや説明がしっかりしていると思う業者さんに依頼すると良いでしょう。外壁塗装に使う塗料も色々です、アクリルやウレタン、シリコン樹脂系などがあります。今ではフッ素樹脂系塗料もあります、それぞれの特徴や耐用年数など詳しく説明してくれて、かつどの様に施工するかを説明してくれる中川区の塗装業者さんを選べれば良いと思います。是非貴方の住まいに愛情を注いであげましょう。

外壁に塗る塗料ってどんな塗料

住宅の見た目はやはり外装の汚れ具合で印象が変わります。おおよそですが築10年前後を目安に外壁塗装を実施する事をお勧めします。外装材の劣化状態にもよりますが、早めの対応が間違いなくベストです。
塗料にも色々ありまして、安価な順で言いますとまずウレタン樹脂系の塗料、次にアクリル樹脂系の塗料です。この塗料の耐用年数としてはおおよそ8~11年位でしょうか。次にシリコン樹脂系の塗料がありますが、この塗料は前述した塗料と比較して1.5倍位の費用が必要ですが、耐用年数は12~15年と長持ちする塗料で、昨今の外壁塗装や屋根板金塗装には一番多く使われている素材です。もちろんシリコン樹脂系よりも上位の塗料もございます、費用も更に必要となりますが、フッ素樹脂系の塗料がありまして、耐用年数としては15~20年と非常に長持ちする素材です。しかもフッ素は外装に沈着した汚れなども雨によって浮かせて流し落とす機能もありますので、見た目の美しさを持続させます。
施工手順は、塗装工程の前に防水シール材を打ち替えてから、まず外壁の高圧洗浄をして次に塗料の定着を良くするシーラーと言う下処理材を塗布、そして1回または2回塗りで仕上げます。どの塗料が良いかは中川区の優良塗装業者さんに現地調査をしていただき、その中でも丁寧な説明と親切な素材提案をしてくれる業者さんを絞り込みましょう。頼れる塗装業者さんはきっと中川区で見つかります。

ヘッドライン

どのようにして外壁塗装業者を選ぶか

中川区で外壁塗装をする際の業者選び 長年戸建て住宅に住んでいますと、外壁の塗装が剥が…

READ MORE

手遅れになる前に外壁塗装で保護

築後10年の外壁塗装が安心です 住まいの外装は常日頃目にしてますので、意外と汚れや傷…

READ MORE

外壁塗装をして得する点

外壁塗装は足場自社施工の業者がお得 外壁塗装を行う場合、足場は専門の業者にお願いして…

READ MORE

Copyright(C)2018 長いスパンで塗り直せるような中川区の外壁塗装業者を選択 All Rights Reserved.